「体育館で子供が走るのは当然でした」

2018.9.30(日)、国立能登青少年交流の家のオープンデー。
熱気球やカヌー体験等いろんな催しがあるイベントで、「ドローン体験」今年初出店です。

台風24号の影響で午前中のみの開催となり、みなさんお目当ての熱気球も飛ばなくなりドローン体験に人がワーッと。
親子10組×4回の開催だったので、泣く泣く断る方もいました。すみません。

ドローン体験の内容はいつも通り、ドローンの説明、実機&シミュレータ体験、FPVデモ。

場所が体育館だったので、そのことを少し。

実機体験は予想に反して飛ばしやすそうでした。
当初は高く飛ばし過ぎてそこからの落下でドローンが壊れることや、あちこち行ってスタッフは大変だろうと思っていました。
スタッフが大変なのは予想通りでしたが(笑)、子供達は広さからか安心して飛ばせて、それが飛びっぷりの良さにつながったようです。

FPVデモは終始子供達との鬼ごっこになりました笑
体育館なので子供は走ります(走ってOKという感覚)。
追いかけられて叩き落とされました笑
飛ばすのもちょっと苦戦。
広い体育館は自機の位置把握をする為の目標物が遠く感覚が掴めなかった。
ドローンのパワーが弱く感じたり、自分が下手になった感覚を覚えました。

 

参加する子の中に「家にドローンある」という子もチラホラいて、ドローンが普及してきてるかなと思いました。
上手な子も多かったし。

将来のドローンレーサーを羽咋から!