活動紹介

能登青少年交流の家で親子ドローン体験

「体育館で子供が走るのは当然でした」

2018.9.30(日)、国立能登青少年交流の家のオープンデー。
熱気球やカヌー体験等いろんな催しがあるイベントで、「ドローン体験」今年初出店です。

台風24号の影響で午前中のみの開催となり、みなさんお目当ての熱気球も飛ばなくなりドローン体験に人がワーッと。
親子10組×4回の開催だったので、泣く泣く断る方もいました。すみません。

ドローン体験の内容はいつも通り、ドローンの説明、実機&シミュレータ体験、FPVデモ。

場所が体育館だったので、そのことを少し。

実機体験は予想に反して飛ばしやすそうでした。
当初は高く飛ばし過ぎてそこからの落下でドローンが壊れることや、あちこち行ってスタッフは大変だろうと思っていました。
スタッフが大変なのは予想通りでしたが(笑)、子供達は広さからか安心して飛ばせて、それが飛びっぷりの良さにつながったようです。

FPVデモは終始子供達との鬼ごっこになりました笑
体育館なので子供は走ります(走ってOKという感覚)。
追いかけられて叩き落とされました笑
飛ばすのもちょっと苦戦。
広い体育館は自機の位置把握をする為の目標物が遠く感覚が掴めなかった。
ドローンのパワーが弱く感じたり、自分が下手になった感覚を覚えました。

 

参加する子の中に「家にドローンある」という子もチラホラいて、ドローンが普及してきてるかなと思いました。
上手な子も多かったし。

将来のドローンレーサーを羽咋から!

ドローン体験イベントを開催する際のチェックポイント

「当日はバッタバタです。準備しても笑」


9/30(日)のイベントに羽咋ドローンズも出ます。

内容は30分毎に各回10人(組)に↓をやります。
1.ドローンの説明
2.ドローン体験(タイニーフープ実機&シミュレーターを交替で)
3.FPV実演(メンバーが飛ばすFPV映像をスクリーンで見てもらい、子供にフラフープを持ってもらう)

今まで何回かイベントをやってきましたが、こんな感じでやるだけですごく楽しんでもらえます。

会場選びのポイント

やろうと思えばどこでもできると思いますが、会場が選べる場合に「なるべく」という点を。

広すぎない・高すぎない

子供にタイニーフープを飛ばさせると、勢いよくスロットルを上げて天井にぶつける子がいます。
天井が高いとその分落下の衝撃も増します。体育館のように高い場所(15m位?)から落下したら、、、破壊です。
広い場合、ドローンと一緒にあっちこっち行く参加者を追ってスタッフの移動が大変になります。
どうしても会場が広い場合、仕切り等で飛ばすエリアを制限すると良いと思います。

ひっかかる場所がない

体育館等で柱の梁にひっかかると回収不能、2階通路があると取りに行くのが面倒です。

▽これくらいの会場はやりやすかったです。

 

続いては、事前のチェックポイント

チェックポイント

電源確保

これ絶対ですね。

FPVテスト

照明によってFPV映像がちらつく場合があり、暗めにすると良くなったりします。
かっこいいFPV映像を見てもらう為に、事前に照明の明るさを決めておくと良いと思います。

勧誘、販売の可否

イベントの目的は何でしょうか?
謝礼で儲けるのか、仲間を増やしたいのか、物販で活動費を捻出するのか。
チラシ配布や物販をして良いか、主催者に事前に確認しましょう。

続いては当日の判断。

当日の判断

小さい子はどうするか

事前に対象年齢を決めておくのも良いです。
ただ、どうしても小さい子も来ます。
そんな時、シミュレーターだけさせる(これでも充分楽しんでもらえます)、親に付いてもらう等の判断が必要と思います。

必要なスタッフ数

ドローンの実機体験は、事故らない、混線させない為に最大5台までが良いでしょう。
説明する人員2人と飛ばすスペースを見張る人を合わせて3人は欲しいところ。
スタッフが2人になるなら同時に飛ばす台数を2~3台に減らすのが良いでしょう。
シミュレーターには1人で充分です。
後は、全体を見張り、危ない時に注意する、場を盛り上げる等のスタッフが1人、マイクを持っていると良いと思います。

他にもあるかもしれませんが、今思いつくものを書いてみました。
9/30(日)のイベントでまた発見があったら追記しますね。

「一日限りのテーマパーク」に出店

「その後、12時間の眠りにつきました。」

2018.5.13 羽咋市のお隣 志賀町で開催されたイベントに
「ドローン体験」コーナーを出店してきました(体験参加は無料)。

今まで定員と時間を決めたドローン体験会をやってきましたが、
常時オープン型は初めてです。

前日の準備の時にイベント会社のスタッフの方に聞くと
「多い年で3000人来るイベント」とのこと。
イベントの目玉は動物園等なのでドローンに来る人は500人位かなと言われましたが、それでも怖くなりました。

出し物は

1.ドローン展示・映像放映
2.Telloで記念写真
3.シミュレータで練習
4.操縦体験
5.FPVデモ
盛りだくさんで、スタッフ6人でもバタバタでした笑

しかも苦労して用意したものより、
案外簡単な仕組みが受けたりして
(子供にフラフープを持ってもらって僕たちがドローン操作してくぐる)
次回以降はシンプルで楽しめる仕組みで臨もうと勉強になりました。

延べ来場者数は400人前後かと思います。
全然休憩が取れないくらい忙しかったです。
でも、ドローンを体験するとみんな喜ぶので、やっていてこっちも楽しかったです。

 

観光地ドローンFPV 長手島

「千里浜、だけじゃない羽咋の海」

柴垣町にある長手島(ながてじま)。

ここの海はとても良いです。

2016年に日本のビーチNo.1に選ばれた「千里浜なぎさドライブウェイ」と同じく車で走れます。

また長手島を挟んで2つの海があり、波の立ち具合が違うのでサーフィンのメッカになっています。

釣り人もいます。夕陽もキレイです。


 
“不思議と真水が湧く”長手島の名物は天然の岩牡蠣。
これは絶品です(僕は牡蠣食べられないのでわからないのですがw)。
本当に有名で、東京や金沢からも買い付けに来るほどです。

長手島でFPV

長手島でFPV。
トトロがひょっこり顔を出しそうなトトロの森。
不思議と真水が湧く海。
住みついた猫。
見所がたくさんあります。

市民活動団体「長手島」

僕は「長手島」という市民活動団体で活動しています。
2016年に発足した団体で、年に4回の長手島清掃と、マリンスポーツ(SUP)による観光活性化を行っています。

長手島には多くのゴミが流れ着きます。
国内からのゴミだけじゃなく、海外からも(ハングル文字が書かれたゴミが多いです。)

ゴミはどんどん流れてくるので、清掃活動に終わりはありません。
でも、清掃活動を通じて捨てない人を1人でも増やせたらと思います。

▽長手島のホームページです。
http://nagatejima.hakui.me/

▽SUPとは?(2017年に開催した親子SUP体験会の様子)
https://youtu.be/DG_VCktupS4

▽長手島の猫を見たい方へオススメのインスタグラム
https://www.instagram.com/shiba_kei/

市民活動団体のみなさんにPR

「羽咋ドローンズは市民活動団体です」

羽咋市で市民活動を行う団体は50以上あります。
お花の手入れをして市内をキレイにする団体や、歌や演奏、子供達への教育プログラムなど。
僕がドローンズ以外にやっている「長手島」という団体は、海岸清掃とSUPによる観光の活性化を行っています。

先日、市民活動団体が集まる交流会がありました。
(jizomaeさんは羽咋ドローンズとして、僕は長手島としての参加)

各団体の活動紹介の後、自由時間に。
ドローンという珍しい団体の登場に何人かが話を聞きに来てくれました。

こうなりゃ、説明よりも見てもらった方が早いと、jizomaeさんが中華フープを飛ばしました。
FPVゴーグルを順番に回して見てもらいました。


そして、1つの団体の方からオファー頂きました。
子供への体験プログラムを実施している団体で、今度ドローンをやってほしいと。
羽咋市はUFOの町として有名(?)なのですが、UFO博物館(正式には宇宙科学博物館)コスモアイル羽咋でドローンを飛ばす事になりそうです!