活動紹介

「一日限りのテーマパーク」に出店

「その後、12時間の眠りにつきました。」

2018.5.13 羽咋市のお隣 志賀町で開催されたイベントに
「ドローン体験」コーナーを出店してきました(体験参加は無料)。

今まで定員と時間を決めたドローン体験会をやってきましたが、
常時オープン型は初めてです。

前日の準備の時にイベント会社のスタッフの方に聞くと
「多い年で3000人来るイベント」とのこと。
イベントの目玉は動物園等なのでドローンに来る人は500人位かなと言われましたが、それでも怖くなりました。

出し物は

1.ドローン展示・映像放映
2.Telloで記念写真
3.シミュレータで練習
4.操縦体験
5.FPVデモ
盛りだくさんで、スタッフ6人でもバタバタでした笑

しかも苦労して用意したものより、
案外簡単な仕組みが受けたりして
(子供にフラフープを持ってもらって僕たちがドローン操作してくぐる)
次回以降はシンプルで楽しめる仕組みで臨もうと勉強になりました。

延べ来場者数は400人前後かと思います。
全然休憩が取れないくらい忙しかったです。
でも、ドローンを体験するとみんな喜ぶので、やっていてこっちも楽しかったです。

 

観光地ドローンFPV 長手島

「千里浜、だけじゃない羽咋の海」

柴垣町にある長手島(ながてじま)。

ここの海はとても良いです。

2016年に日本のビーチNo.1に選ばれた「千里浜なぎさドライブウェイ」と同じく車で走れます。

また長手島を挟んで2つの海があり、波の立ち具合が違うのでサーフィンのメッカになっています。

釣り人もいます。夕陽もキレイです。


 
“不思議と真水が湧く”長手島の名物は天然の岩牡蠣。
これは絶品です(僕は牡蠣食べられないのでわからないのですがw)。
本当に有名で、東京や金沢からも買い付けに来るほどです。

長手島でFPV

長手島でFPV。
トトロがひょっこり顔を出しそうなトトロの森。
不思議と真水が湧く海。
住みついた猫。
見所がたくさんあります。

市民活動団体「長手島」

僕は「長手島」という市民活動団体で活動しています。
2016年に発足した団体で、年に4回の長手島清掃と、マリンスポーツ(SUP)による観光活性化を行っています。

長手島には多くのゴミが流れ着きます。
国内からのゴミだけじゃなく、海外からも(ハングル文字が書かれたゴミが多いです。)

ゴミはどんどん流れてくるので、清掃活動に終わりはありません。
でも、清掃活動を通じて捨てない人を1人でも増やせたらと思います。

▽長手島のホームページです。
http://nagatejima.hakui.me/

▽SUPとは?(2017年に開催した親子SUP体験会の様子)
https://youtu.be/DG_VCktupS4

▽長手島の猫を見たい方へオススメのインスタグラム
https://www.instagram.com/shiba_kei/

市民活動団体のみなさんにPR

「羽咋ドローンズは市民活動団体です」

羽咋市で市民活動を行う団体は50以上あります。
お花の手入れをして市内をキレイにする団体や、歌や演奏、子供達への教育プログラムなど。
僕がドローンズ以外にやっている「長手島」という団体は、海岸清掃とSUPによる観光の活性化を行っています。

先日、市民活動団体が集まる交流会がありました。
(jizomaeさんは羽咋ドローンズとして、僕は長手島としての参加)

各団体の活動紹介の後、自由時間に。
ドローンという珍しい団体の登場に何人かが話を聞きに来てくれました。

こうなりゃ、説明よりも見てもらった方が早いと、jizomaeさんが中華フープを飛ばしました。
FPVゴーグルを順番に回して見てもらいました。


そして、1つの団体の方からオファー頂きました。
子供への体験プログラムを実施している団体で、今度ドローンをやってほしいと。
羽咋市はUFOの町として有名(?)なのですが、UFO博物館(正式には宇宙科学博物館)コスモアイル羽咋でドローンを飛ばす事になりそうです!

親子ドローン教室 Vol.2

「もはやニュータイプに思える子供達」

先日、羽咋市のお隣にある宝達志水町で親子ドローン教室を開催しました。
5組限定のミニ教室でしたが、満員御礼5組の親子が集まりました。

最初にjiaomaeさんの講義。
参加者の食いつきが良かった内容はというと、変わり種を含むいろんなドローンの紹介動画、実際の空撮動画、そしてFPVレースの動画でした
(動画ばっかりだw 今時の子はもう動画が当たり前なんですね)
FPVレース動画は「気分はスター・ウォーズ」「優勝賞金1億円」なんてキャッチーなワードにみなさん興味津々でした。

その後は、武道館に移動してドローンを飛ばしました。
各親子に中華フープを1台ずつ。
同時にバインドをしないよう注意すると、今回は5組だったので皆さんお互いに声を掛け合ってスムーズでした。良かった。
子供達のドローンの飛ばしっぷりには驚かされました。
大人はゆっくりから、安定ホバリングを目指して頭でいろいろ考えながら飛ばしますが、子供達はいきなりビュンビュン。
考えなくても感覚で飛ばせるんでしょうね。
楽しみですし、脅威ですw

この日は天気も良く、体験終了後にMavic Proのデモフライト。
わが町の空撮動画を見てみなさん驚いてました。
海も山も近い、いい場所なんですよねー。宝達志水町も羽咋も。

興味を持った親御さんから「買いたい。いくら?3K!?安い!(鉄板の反応)」や「今度子供会のイベントにも来て欲しい」と、評判は上々でした。

大阪のドローン練習場フライトベースに行ってきた

「I pray, pray to bring near the New Day」
井上大輔 哀戦士

大阪出張の帰りにドローン練習場「フライトベース」に行ってきました。
日本ドローンレース協会公認の練習場で、2018年1月20日には「JDRA TINYWHOOP JAPAN CUP No.8」が開催されました。

▽JAPAN CUP レースの様子はこちら

行ったのが木曜で、その時は飛ばしている人はおらず、コース見学と会員登録(石川から大阪まで頻繁には行けませんが)、その他いろいろと運営等についても質問させてもらいました。

すると店長さんが来てくれました。
「貸し出し機あるから飛ばしてみる?」との事で、1時間程飛ばしてきました。
まさか飛ばせると思ってなかったので、テンション上がりまくりです!
JAPAN CUPが開催されたコースを飛ばせるとは。

貸し出し機はこちら

全然うまく飛ばせませんでした~笑

機体を含め、全て初めてだったので、みっともないフライトになってしまいました。
貸し出し機ちゃん、たくさんぶつけてゴメン!

コースの電飾を撮影しようと近づいてよく見ると、ほとんどが手作りでした!
ホームセンターの透明な板や、網の板等を駆使して作られています。
クオリティ高かったです。
一般的なコースで丸いコースネタが多い中、角のあるコースネタが店長さんのこだわりで、最強に存在感があったのは「ガンダムの手」です。


好きな人が楽しんでやっているのが伝わってきました。
大阪駅から1駅の場所にこんな場所があって良いですね。

▽フライトベースのホームページはこちら
http://fpv.astratto.jp/

羽咋ドローンズも飛行戦士が増えるように、ドローンの普及に一層頑張りたいと思います。

それにしても大阪はすごい。2日間いるだけで大阪弁がうつりました笑