初FPV

「PS VRのバイオハザードより怖いかも」

とうとうゴーグルが届きました。
GearBestで注文していたShinehalo LS-008Dです。

僕のホームグラウンド 6畳間で初FPV。飛ばしてみました。

機体はjizomaeさんに譲ってもらったJJRC H67にキャノピーカメラを積んだドローンです。


T8SGとLS-008D。肝心のドローンを撮り忘れました。

いざ!





全然飛ばせない。。。

見える景色が違って怖かったです。
目視なら安心して飛ばせてた広さなのに、FPVだと部屋が狭く見えてすぐに壁にぶつかりそう。前進レバー怖くて入れられない。
当然だけど後ろは見えないので、全体像が把握できなくて、不安。
いつの間にか上昇してて天井に頭をぶつける。(自分がぶつけてるワケじゃないのに痛く感じる笑)

そして、怖くてスロットルが弱くなると地面スレスレを飛ぶ事になり(地面からの風の跳ね返りか?)機体がよく流れるので余計コントロールできない。

こんな悪循環で1バッテリー分終わって、一度もまともに飛行できませんでした。

まずは、距離感に慣れないと。
そしてカメラを通して見える景色から機体の状況を把握する意識をしないと、と思いました。
目視に比べて圧倒的に機体の状況が把握しづらいです(高さが特に)。

ゴーグルのLS-008DはDVR機能が付いていて録画もできるのですが、とてもお見せできる映像ではありません!そもそも録画してなかったけど。

今日は枕を濡らして、床につくことになりそうです。

初めてのドローンレース

「何か違ってるような、これで良いような・・・」

今日は羽咋ドローンズの練習会の第6回目でした。
先日注文したゴーグルはまだ届かず今日はFPVおあずけです(T8SGは届きました)泣

フラフープを持って行ったのですが、他のメンバーさんもフラフープを持ってきてて
「お、みんな考えることは同じ!」と思いました笑

そして良い感じにコースが出来上がりました!


コースで練習するのは初めて。興奮しますね。
jizomaeさんを除き、まだみんな目視飛行です。
ドローンの後ろから人間も付いていきます。
傍から見るとちょっと変な集団に見えたでしょう笑

ひとしきり練習した後、レースを開催しました。

スタートにつくドローン達。その数8台。

後から知りましたが、全国各地で開催されているFPVレースは電波の関係で1レース3台が主流。
これだけの参加数のレースは珍しいんじゃないでしょうか!w

ハンデキャップはjizomaeさんだけ2周するというハンデです。
レベルの違いをわかって頂けるかと思いますw

自分もレースに参加していたので撮影はできなかったのですが、白熱のレース展開に!
団子状態で抜きつ抜かれつの接戦!
(注:あっさりと優勝したjizomeさんを除き)

いやー、楽しかったです。
つい先日まで、うまくなったら運動会的な事をやりたい(ドローンボウリング、ドローンカーリング等々)と思いを巡らせていたのですが、レースを味わうと俄然レースにハマってしまいました。

みんなも段々うまくなってきていて、これから更に面白くなりそうです!

jizomaeさんのお手本プレイはこちら

よしけさん(@yosikegram)がシェアした投稿

フラフープくぐりに初チャレンジ

「ドローンレースの第一歩」

8の字飛行に飽きt…慣れてたのでて次はフラフープをくぐろう!と思い立ちました。
しかもフラフープは100円ショップで買えます。便利な時代。

ダイソーでこんな状態で売ってます。
繋げて輪にします。
持ち運びが便利なのはもちろん、繋げる本数を少なくして輪を小さくしたり、逆に多くしてとぐろを巻く蛇のようにしてトンネルにしたり、メリットだらけのフラフープです。

まずは標準仕様で3脚に取り付けて練習開始!

8の字よりもかなり難しいです。
8の字では必要のなかった上下のコントロールが増えただけじゃなく、左右もシビアになり難しい。
100均フラフープの標準状態は丸の径がかなり大きいのですが、それでも苦戦します。

そしてドローンがこっちを向いている時の左右の微調整、いつも反対にレバーを入れちゃって落ち込みます。情けない。

今度羽咋ドローンズの練習にも持っていこうと思います!

FPVに向けプロポとゴーグルを注文

「中国通販はPayPalが安心」

11/11はシングルの日で中国通販では1年間で最大のセールが行われます。

jizomaeさんから借りてるプロポT8SGがとても良いので購入する事にしました。


Surehobbyで購入です。

そしてFPVに向けてゴーグルも購入する事にしました。
Shinehalo LS-008Dという製品で、安いのに録画もできるコスパに優れた商品のようです。


こちらはGearBestで。

海外通販で不安な決済

海外の通販サイトにクレジットカード番号を入力するのは不安でした。
また1つのお店で全ての商品が揃えば良いのですが、欲しい商品によってお店が違うので、複数のお店でのカード番号入力は更に躊躇してしまいます。

なので、今回初めてPayPalを利用しました。
PayPalを使えば、PayPalにだけクレジットカード情報を登録すればOKで、PayPal経由で通販サイトに代金が支払われます。
手数料が4%?掛かりますが、何かあった時にPayPalが保証してくれるので安心です。
PayPalによるお店側のメリットは、僕のように不安に思う人でも安心して買ってくれることです。

配送方法はどうしようか

中国通販の場合、配送方法はいくつか選ぶ事ができ、無料から有料のものまであります。
無料の場合船便になり、どこ経由で日本に来るかわからず、ヨーロッパ経由にされると届くまでに場合によっては1ヶ月以上掛かるそうです。
佐川のサービスを利用すると早さと安心が買えますが1,000円以上掛かります。
今回僕は初めてだったので、500円程度掛かる「Priority Line(5~9営業日で届く)」にしました。
Priority Lineがどんな配送方法かはわかってませんが苦笑、届くまでの日数と値段を考慮して決めました。

ちなみに11/11がシングルの日だからといって安いかどうかはわからず、後から「わざわざ11/11にしなくて良かったなぁ」と思いました。
何せSurehobbyもGearBestも初めての利用だったのでw

肝心のFPV機ですが、jizomaeさんが持っている1台を譲ってもらいました。

届くのが楽しみです。
予定通りに届けば、次回の羽咋ドローンズの練習に間に合い、広い場所で飛ばせます。

ドローンの目標を決めた

「ああ人は昔々鳥だったのかもしれないね」
中島みゆき この空を飛べたら

ドローンをちゃんと飛ばせるようになって、一気に楽しくなってきました。
今6畳間で練習していますが、隣の部屋に飛んで行こうとしたり(ほぼ失敗しますが)、ドローンの風圧でペットボトルを倒してみたり(これも難しい)いろいろ楽しいアイデアが浮かんできます。

最近ふと思ったのですが、目標を設定しよう!と思いました。
目標があった方が頑張れますし、なんとなく始めたドローンをなんとなく終わらせる事がないように。

今の自分がしたい事を素直に考えました。
どんなテクニックが必要とか、法律や免許がどうとかは考えずに。

「鳥になって飛びたいな」
これでした。

空撮は撮った映像を後から見る事になりますが、高い所からの景色をリアルタイムで見て、そして動かしたい。

ドローンにカメラを付けて、ゴーグル(PS VRのような)で映像を見ながら操作。
まるで鳥になって飛んでる体験が味わえるだろうなと思ったら興奮してきました。

これはFPVと言うようです。
FPVとは「First Person View」の事で一人称視点という意味です。

今自分が使っているドローンはE011。小さいドローンなので、これだと風に負けちゃう。
もう少し大きな機体と力のあるモーター、屋外でも飛ばせるドローンにカメラを付けてFPVしたいです。
飛ばしたい場所も決めています。
地元にある良い感じの公園です。

目標を決めると楽しみになってきました。

やってやるです!