0年 0月 の投稿一覧

古民家ステージに入り浸り

「時間が立つのが早い」

FPVレースのコツがわかってきて、jizomaeさんの古民家ステージを段々気持ちよく飛ばせるようになってきました。
高低差あり、直角カーブあり、トンネルありで難易度が高くまだまだぶつりかりますが、1周以上ノーミスで回れると気持ち良いです。

直角カーブはどうすれば上手く早く回れるかを模索中。
左カーブと右カーブでも差があって、苦手な右カーブは不安がスピードに表れています笑

1日があっという間でした。
昼ごはんをカップラーメンで済ませて、1日中練習とドローンの話をしてるなんて部活の合宿のようでした。

ドローン FPV練習のコツ その(2)

「ナメック星の最長老に頭をなでてもらった感覚」

先週、ドローンを始めて一番大きなターニングポイントを迎えました。
おかげで、飛び方が全く変わりました。
一緒にFPVレースしている3人の中で明らかにレベルが離れていましたが、近づいてきました。

文字に書くと簡単でお恥ずかしい話でもありますが、紹介したいと思います。

今までの飛び方は車の走り方だった

今までは前進+旋回操作を中心とした飛び方をしていました。
直線からカーブに入った時、旋回操作を入れると機体がアウト側に流れてフラフープにぶつかっていました。
その結果、「インコースを狙って飛ばないと」と思うようになり、コースのラインが狭く、難しく感じていました。
特にFPVの場合は、機体が流れてることが把握しづらいので余計に難しいと思っていました。

解決は旋回時に左右レバーで微調整

jizomaeさんの飛ばし方を見ていると、ある時カーブでこんな飛び方をしていました。
1.まっすぐ早く飛ぶ
2.瞬時に向きを変える
3.まっすぐ早く飛ぶ
曲線的なコースを直線的に攻略していました。
あれはどうやるのかと考えると旋回+左右レバーだとわかりました。

世界が変わった

旋回+左右レバーの操作をやってみて世界が変わりました
ドローンの制御がしやすくなりました。クイックに動かせます。
旋回によって機体が流れるのを止める事もでき、一気に扱いやすくなりました。
急なコーナも減速せずに回れます。
バイクがコーナリングで車体を内側に傾けるのと同じ原理ですね。

今まで狭いコースを窮屈に飛んでいたのが、広いコースを飛んでいる感覚になりました。

今までは
「このラインを通らなきゃ回りきれない」
「ここは減速」
とガチガチにコントロールしないと回れないと思っていたコースが、飛びやすい。
曲がり角を直線的に攻略するのも楽しいです。

以上、FPVを始めてから自分にとっての一番大きなの気づきです。

その気づき始めと、段々慣れてきた飛び方のFPV動画です。
(僕のFPV初披露です。今までのは見せれるものじゃなかったです 汗)

自宅練習フラフープを強化

「ガンガンぶつかっていこう!(違)」

前回紹介したフラフープで作った自宅練習コース。
気になる点が出てきたので、追加投資して改良しました。

気になる点

1.トンネル状なので、下は地面、上下の難易度がゆるい。
地面に尻もちついてもそのまま飛んでいけちゃう。

2.ぶつかると動いてコースレイアウトが変わっちゃう。

この2つを解決したいと思います。

輪っかにして足を2本に

まず輪にしました。
パーツ5本でトンネル状だったところを、7本で輪にしました。
そして、足を2本に。1本だと、ぶつかった時にやっぱり動いちゃうので。

投資はほぼ2倍になっちゃいましたが、どうせ安い物なのでバブリーにいきます笑

こんな感じです。

ちょっとぶつかる位では動かなくなりました。
強度を動画で撮ってみました↓

さて、今回の投資額は

(元々持ってた分を考慮せず、0からの投資額です。)

・フラフープ 7個 700円(これで8個分になります)
・スタンド 8個 800円(2個入りなのでこれで8個分)
・輪ゴム 100円

合計、輪っか8個分で1,600円(税込 1,728円)となりました。
相変わらず100円ショップコスパ良すぎです。

2018年最初の練習会

「今日こそは」という意気込みで臨んだものの・・・

1/14 羽咋ドローンズ7回目の練習会。
コースネタが増えました。

かなり難しそうなトンネルも登場。


どーーーん

いつもくぐっているフラフープよりも狭くて、
そして、トンネルの中に入ると流れていく景色が同じなので壁と機体の距離感、位置が把握しづらい。

とりあえずトンネルに入る前、なるべくまっすぐにライン取りをします。
そして後は野となれ山となれ笑
何回も失敗して、途中からは出口の真ん中を目指してレバーを微調整する感じになりました。

相変わらずぶつかりまくり、スピードもノロノロです。
新しいドローン、E011のロープロファイル機に替えて何か変わるかなと思いましたが、今日の時点ではそんな事はなく、jizomaeさんや他のメンバーに抜かれてばかりです泣

jizomaeさんに抜かれるシーンは↓で(動画の4分30秒からがチェイスシーン)白い機体のE011が僕です。

FPVで見てる景色はけっこうスピードが出てると感じるのですが、こうやって傍から自分を見ると遅いですね。
まだまだです。

羽咋ドローンズ練習会 参加者募集中!

月1~2回のペースで能登青少年交流の家で練習しています。
無料貸し出しのドローンもありますので、手ぶらで来てもOKです!
練習会の詳細、スケジュールは羽咋ドローンズFacebook

いつも場所を貸してくれている青少年交流の家のみなさん、ありがとうございます。

E011とTX01Sでロープロファイル機にしました。

「カルイイは正義」

毎週のようにjizomaeさんの古民家ステージに通っています。
今のところFPVレースに熱心にハマっているのは3人なのですが、僕は3番手です。。。
毎日家で飛ばして練習していますが、なかなか追いつけない状況。

近頃はドローンの機体や、カメラ、モーター等のギアにも興味が湧いてきました。
今使ってるFPV機は、H67にキャノピーでカメラをマウントしたドローンです。

今の自分の一番の思いは「軽くしたい」です。
細かなコントロールや、機体が流れたり乱高下してしまった時のリカバリができなくて、スピードよりもクイックさを求めています。
初代マリオカートで言うノコノコとキノピオを使いたいんです!

カメラ選び

jizomaeさんに相談してカメラはTX01Sをオススメしてもらいました。
カメラと基盤?が分かれているタイプです。

機体選び

機体はどれでも大丈夫なのですが、ハンダ付けが必要です。
中学校の時以来のハンダごて。
不器用なので敬遠してましたが、意を決してやる事にしました。
では、どの機体にしようか。
今まで飛ばしたことのある機体はH36、E011、H67、B03です。
E011かB03で迷いました。
E011は初めて自分で買ったドローンで、こいつで8の字やフラフープくぐりも練習してきました。
B03はとても安定していて滑らかに飛ぶ印象です。
結局は、何か縁みたいなものを感じてE011にしました。

色は白、モードはもちろんモード2を選択。

Banggoodで2セット注文。
注文してから10日程で届きました。

緊張のハンダ付けは、慎重にやって、とーーーーっても時間が掛かりましたが無事できました。


完成しました。

輪ゴムでカメラを固定。
実際はTX01Sが狙ったかのようにE011の機体前面に収まり単体でもけっこう強めに固定されていて、輪ゴムでサポートする感じです。
基盤?はドローンのFC(フライトコントローラー)の下に収まっています。
キャノピー分が軽量化されました。
E011に元々付いていたレゴ風の人形はもちろん、その台も取りました。
結果、どれだけ軽くなったかと言うと

3g

です。

今までに比べて10%ちょっとの軽量化なので影響は大きいと思います。

これで練習を積んで、みんなに追いつきたいと思います!
やってやるです!

<2018.2.11追記>
重さを測った画像です。



E011はここから買えます。



TX01Sはここから買えます。